注目キーワード

Macユーザー必見!マックでXMのメタトレーダー4(MT4)を開けない時の対処方法

こんにちはFX学校の青木です。
最近FX学校の生徒でもMacユーザーが増えてきています。
今回はよくある質問内容について解説していきたいと思います(^^)

まずは、MacにXMのMT4をインストールしようとしたときに以下のようなメッセージがでた時の対処法です。

「”XMTradeing”は、開発元が未確認のため開けません。」
貼り付けた画像_2017_07_02_11_24

MacでMT4を開く時に「開発元が未確認のため開けません」とエラーが出たときの対処方法

1.「contorl」キーを押しながらアプリを「開く」方法

アプリケーションをインストールして、初めて起動するときに「開発元が未確認のため開けません」と表示されることがあります。

最も簡単に解決する方法は、対象となるアプリケーションを「control」キーを押しながらクリックして「開く」を選択するだけでOKです。
この操作だけで簡単にアプリケーションを起動することができるようになります。
この方法は個別にアプリケーションを開く許可を与えていく方法なので、セキュリティも維持しやすく、おすすめの方法です。

2.Macのシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」から設定する方法

もうひとつの方法としては「システム環境設定」にある「セキュリティとプライバシー」から設定する方法があります。

「一般」タブにある「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」にある
「すべてのアプリケーションを許可」を選択します。

選択できない場合は、下の変更するにはカギをクリックをクリックします。パスワードを求められるので入れてください。
貼り付けた画像_2017_07_02_12_05

これでどんなアプリも無条件に開くことができるようになります。

この方法を選ぶと、どんなアプリケーションも開いてしまうため、セキュリティが低下します。よほどのことが無い限り「control」キーを使った方法で、個別に開く許可を与えていったほうが安全かと思います。

セキュリティを維持するなら「control」キー+クリックの方法がおすすめ!

Macでアプリを起動するときに「開発元が未確認のため開けません」と表示されたときの解決方法は2通りあるのですが、セキュリティ上の理由から「control」キーを押しながら「開く」方法を使ったほうが良さそうです。
同じような現象でアプリケーションを開けない方は、是非参考にしてください!

出典:APPLE 開発元が未確認のアプリケーションを開く

関連記事

関連記事

こんにちはFX学校の青木です。 MT4(メタトレーダー4)は、FXをやる上で必須のツールです。 今回はMacパソコンでMT4を使う方法を簡単にお話しします! POINT FXをやりたいんだけど、Macのパソコンを買い[…]

関連記事

[sc name="TOP" ] 前回の記事では、MacでXMのMT4を使う方法を書きました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://jp-kijun.net/iq/post-1485] Macの[…]

関連記事

[sc name="TOP" ] トレード用にパソコンを買おうと思っている人の中で Macを使いたいんだけど、トレードに使えるのだろうか? もしくは、Macのパソコンを持っているんだけど、大丈夫だろうか? という人は、結構い[…]

関連記事

最近人気のFX会社 タイタンFX! スプレッドが狭くて人気のTitanFXですが、 この会社嬉しいことにMacで使えるMT4も用意してくれています! タイタンFXの口座開設方法 TitanFXとは Pepperstoneの[…]

あなたもイベントに参加してみませんか?

トレードの役に立つ、学びになるイベントを毎週行っています

生徒のFXレベルアップのため、FX学校では様々なイベントを毎週行っています。
そのイベントにあなたも参加して、FX学校を体験してみませんか?

FX学校で行っているイベント概要

  1. FXセミナー
  2. 生徒向けリアルFX勉強会
  3. 生徒向けオンライン勉強会
  4. FX講義
  5. 飲み会

詳細は以下のリンクからご確認ください。
FX初心者、FX未経験者もFXを楽しんで体験してただけます。

イベントの詳細を見る