注目キーワード

FXトレード|前日高安値を意識してみよう!

ローソク足は始値、高値、安値、終値で構成されたチャートの表示方法です。

この高値と安値、始値、終値って意外と重要なラインなんですが、トレードするときに意識していますか?

今日は、トレードで使う前日の高値、安値、始値、終値と

海外のトレーダーがよく使うピボットライン(DailyPivot)についてお話します。

ローソク足の前日の高値、安値

まず、ローソク足の高値、安値、始値、終値は大丈夫ですか?
もし、ローソク足の作り方(でき方)を理解していなければ、こちらのページをご覧ください。

 

下の画像は、2022年1月21日(金)のドル円チャートになります。

翌日2022年1月24日(月)の一番最初の足を見てください。

ね。前日の安値が意識されて、上昇してるでしょ。

前日の安値や、高値は意識され、反発したり、
一旦は安値のラインをブレイクしたとしても
この様にヒゲで戻されたりすることが多いです。

 

こういった、反発しやすい場所を見つけてトレードすると、

トレードの精度も上がってきますので、今日から注目してみてください。

 

ピボットラインとは

ピボットラインとは前日の高値、安値、終値を元に計算される重要なラインで、当日意識されやすいラインとして機能することがあります。

下のチャートがピボットラインを引いたチャートになります。

オレンジ色の真ん中の線がピボットライン。

 

ピボットラインは相場の方向性を判断するために使います。
当日のピボットラインより価格が上にあれば上目線。
当日のピボットラインより価格が下にあれば下目線。

それとは別に、オレンジのラインを中心に、
3つのラインがあります。

中心から、水色、ピンク、緑のラインがありますよね。
それぞれの役割をと呼び名を紹介していきます。

内から1つ目が水色のラインがR1、S1

内から2つ目がピンクのラインがR2、S2

大外の緑のラインがR3、S3と呼ばれています。

 

上側がレジスタンスラインでR1、R2、R3。

下側がサポートラインでS1、S2、S3。

 

ご覧頂いたらわかる通り、上昇をおさえる抵抗になったり、
下にも同様に水色、ピンク、緑のラインが有り、下落をおさえるサポートの役割になったりします。

 

まとめ

前日高値や安値、前日高値安値から計算されるピボットラインなど、FXトレードをするときには高値安値は意識されていることが多くあります。

必ず機能するわけではないですが、利確目標にしたり、エントリーのチャンスにすると、今までと違ったチャートの見え方をするんじゃないでしょうか?

そして、高値安値を意識するだけでもトレードの勝率も変わってきますので、ぜひ今日から意識してみてください。

 

FX学校ではこれからFXを始めようと考えているFX初心者の方、FXで勝てるようになりたい方へ、FXをとことん教えるスクールを運営しています。
FXをきちんと学びたいなっていう方は、ぜひFX学校のホームページをご覧ください。

 

あなたもイベントに参加してみませんか?

トレードの役に立つ、学びになるイベントを毎週行っています

生徒のFXレベルアップのため、FX学校では様々なイベントを毎週行っています。
そのイベントにあなたも参加して、FX学校を体験してみませんか?

FX学校で行っているイベント概要

  1. FXセミナー
  2. 生徒向けリアルFX勉強会
  3. 生徒向けオンライン勉強会
  4. FX講義
  5. 飲み会

詳細は以下のリンクからご確認ください。
FX初心者、FX未経験者もFXを楽しんで体験してただけます。

イベントの詳細を見る