注目キーワード

MT4にインジケーター【移動平均線】を表示する超かんたん3ステップを解説

MT4の中でも最強インジケーター【移動平均線】!

これを入れずにMT4でトレードするなんて非常識なくらい、誰でも使うインジケーターです。

テクニカル分析をこれから学ぶFX初心者であれば

悩まず今すぐこの移動平均線をMT4のチャートに表示しましょう。

 

この記事では、トレードに欠かせない代表的なインジケーターのひとつ、

【移動平均線】をMT4に表示する3ステップについて分かりやす~く解説します。

 

誰でもかんたん!MT4に20日移動平均線を表示しよう

では、ここからは実際にMT4に20日移動平均線を表示していきましょう。

ひとつひとつの工程を画像を使って解説していきますので、一緒にやってみてください。

 

ステップ1.インジケーターを表示する

移動平均線をMT4に表示する

チャートを開いたら、左上のナビゲーターボタンをクリックします。

そして、ナビゲーターからトレンドフォルダの中のMoving Averageを選択しチャートに向かってドラッグしましょう。

 

ステップ2.パラメーターを設定する

移動平均線をMT4に表示する

20日単純移動平均線を設定します。

パラメーター(期間)設定は【 20 】

移動平均線の種類は【 Simple 】

スタイルでは好きな色や太さを設定することが出来ます。

数値を入力したら、OKボタンを押してください。

 

ステップ3.MT4に移動平均線を表示完了

MT4に移動平均線を表示する

これで20日移動平均線が表示されました!

すっごく簡単ですね。

移動平均線がローソク足の後ろに表示される場合は、

チャート上で右クリックをするとプロパティーが出てきます。

そのプロパティーの全般の項目の中にある【チャートを前面に表示】に

チェックマークが入っているはずなので、そのチェックを外してください。

移動平均線がローソク足の上に表示されます。

逆に、移動平均線をローソク足の下に表示したいときは、

【チャートを前面に表示】にチェックを入れましょう。

 

MT4に移動平均線を入れる練習

前章では20本単純移動平均線(20MA)の入れ方について解説しました。

実際にMT4のチャートを立ち上げて、解説どおりに20MAを表示させてみましょう。

それが出来たら、次は以下のパラメーター(期間設定)の移動平均線も表示させてみてください。

  1. 5本単純移動平均線
  2. 75本単純移動平均線
  3. 200本単純移動平均線

この3つを入れることで、今、MT4のチャートには4つの移動平均線が表示されています。

移動平均線の動きとローソク足の動きがどのように絡み合っているかを研究することで、値動きが少しずつ分かってきます。

毎日繰り返しチャートを見ながら、観察してみてください。

 

まとめ|MT4でチャートに移動平均線を表示するのは超カンタン

この記事では、移動平均線をメタトレーダー4(MT4)に表示する方法について解説しました。

たった3ステップ。
時間にして2分程度で移動平均線は表示できます。

パラメーターの設定は、自分の好きな設定でOKです。
好き嫌いがよく分からない方は、オーソドックス設定の中の20SMA・75SMA・200SMAがおすすめです。

移動平均線がなぜ必須でチャートに入れるべきインジケーターなのかについては以下のページで学習してください。

 

【関連記事】

 

【FX初心者向け】おすすめの移動平均線を徹底図解!なぜこの移動平均線が愛されるのか?

【FX初心者向け】インジケーターはこう使う!知らなきゃ損する移動平均線の使い方とは。

移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスは強力サイン!インジケーターのココを見なくて何を見る?

移動平均線が分かるとこんなに便利!自分のトレードレベルを視覚化する驚きの活用法

あなたもイベントに参加してみませんか?

トレードの役に立つ、学びになるイベントを毎週行っています

生徒のFXレベルアップのため、FX学校では様々なイベントを毎週行っています。
そのイベントにあなたも参加して、FX学校を体験してみませんか?

FX学校で行っているイベント概要

  1. FXセミナー
  2. 生徒向けリアルFX勉強会
  3. 生徒向けオンライン勉強会
  4. FX講義
  5. 飲み会

詳細は以下のリンクからご確認ください。
FX初心者、FX未経験者もFXを楽しんで体験してただけます。

イベントの詳細を見る