注目キーワード

FXとは?そもそもFXってなんなの?

そもそもFXって何?

最近ではCMなどでもよく耳にするFXですが、そもそもFXってなに?
という疑問をお持ちの方もおられると思います、
ここではFXってそもそも何?という事について、解説、説明していきたいと思います。

FXとは、外国為替証拠金取引の事

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の事で、
略してFXと呼んでいます。外国の通貨を交換・売買することで、損益が発生する取引を意味します。

旅行などで海外に行く際は、日本円を旅先の国の外貨に両替します。
それと同様に外貨を交換して、利益を得る仕組みがFXです。

例えばハワイに旅行に行く際、為替レートが「1ドル=100円」のときに
10万円をドルに両替すると1,000ドルです。

旅行から日本に帰ってきたときに、為替レートが「1ドル=110円」場合、
おなじ1,000ドルを日本円に両替すると11万円になります。

1度ドルに換えたものを円に戻すだけで、手数料を考えなければ
これだけで1万円の利益が生まれました、
このような事を意図的に通貨を売買して為替差益を狙うのがFXです。

このようにFXの目的は「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って、安く買い戻す」ことです。
仕組みはとてもシンプルで、基本的には買うか、売るかの2択です。

ですから、企業の情報収集などやることが
多岐にわたる株式投資よりも初心者が始めやすい投資といえます。

FXで利益が出る仕組み

FXでは、先ほど説明してきたように、外国の通貨を売買することで得られる
為替差益を狙うのが目的です。では、どのように利益が出るのかその仕組みを見ていきましょう。

FXの利益、つまり為替差益と言うものは、
例えば、為替レートが「1ドル=90円」の時に買ったとします。

その後、しばらくして米ドルの価値が上がったので、米ドルが「1ドル=100円」になった時に
米ドルを売って円を買いました。つまりは「米ドルから日本の円に両替した」と言う事ですね。

そうすると、1ドル90円で買っていた米ドルが、
売る時には1ドル100円になっていたので1ドルあたり10円も高く売れまた。

つまり、1ドルに付き10円の利益、為替差益が出たと言う事になります。

「たった10円か」と思われるかも知れませんが、
1ドルに付き10円なので、実際には、1万ドル買っていた場合には、
10円(1ドルあたりの利益) × 10,000(1万ドル) = 100,000円
となるので、10万円もの利益が出る計算になるのです。

これがFXの利益の出る仕組みで、為替差益と取引金額で利益が決まります。

FX初心者が知っておきたい基礎知識

レバレッジ

FXとは「外国為替証拠金取引」の事です。
この証拠金取引とはどういうことかというと
もともと「証拠金」は、商品先物取引で使われる用語で、
担保として預け入れたお金の範囲内で取引できるという仕組みです。

証拠金は、取引代金とは別に取り扱われ。

取引額全てのお金をやりとりするのではなく、
取引で生じた損益分のみのお金をやりとりします。

実際に預ける証拠金は、取引額の1/25の金額(担保)で
売買が行なえますので、とても資金効率がよい投資ということになります。

この証拠金取引を別名「レバレッジ」と言いいます。

「レバレッジ」とはテコの原理のことで、
少ないお金を担保にして大きなお金を動かせる仕組みです。

現在、日本では25倍のレバレッジで取引することが可能で
これは資金の25倍の取引ができるという意味です。

解りやすく説明すると
100万円の取引をするのに4万円の証拠金を用意すればいいということで
100万円の取引をするのに100万円用意する必要がないという事です。

レバレッジをかけることで、小さなお金で大きな金額を売買でき、
手持ちの資金の何倍もの取引が可能となり大きなリターンを得ることができるのです。

ただし、レバレッジを大きくするのはハイリスク・ハイリターンであるため、
初心者はレバレッジを低く抑えながら取引しましょう。

レバレッジを大きくするのは安定した取引が出来るようになってからが望ましいです。

スプレッド

基本的にFXは売買手数料は無料なのですが、
売買時にスプレッドを発生させそれがFX会社の売上になります。
スプレッドとは通貨の買値と売値の価格差のことです。

例えば、買値は「1ドル=100.000円」、
売りは「1ドル=100.003円」というように表示されます。

この0.003円がスプレッドで、FX会社の売り上げになります。

スプレッドが0.003円ということは、100万円分を取引しても30円しか手数料が発生しません、
ですから外貨預金などの他の金融商品と比べても、FXの取引手数料が安いことがわかります。

例えば、株式投資で100万円分を売買すると、
手数料の安いネット証券で400円ぐりはかかります、
一般的には600~1,000円は手数料がかかります。

外貨預金にしても大手銀行では100万円分を預けると1万円以上の手数料が必要です。

あなたもイベントに参加してみませんか?

トレードの役に立つ、学びになるイベントを毎週行っています

生徒のFXレベルアップのため、FX学校では様々なイベントを毎週行っています。
そのイベントにあなたも参加して、FX学校を体験してみませんか?

FX学校で行っているイベント概要

  1. FXセミナー
  2. 生徒向けリアルFX勉強会
  3. 生徒向けオンライン勉強会
  4. FX講義
  5. 飲み会

詳細は以下のリンクからご確認ください。
FX初心者、FX未経験者もFXを楽しんで体験してただけます。

イベントの詳細を見る