注目キーワード

Mac のMT4 XMのMT4にインジケータを追加する方法 EA,テンプレートを入れる方法

Windowsで使用するXMでは、カスタムインジケーターなどファイルは「データフォルダ」に入れますが、
Macで使用する場合は、データフォルダにアクセスの仕方が違います。

以下の手順でインストールが可能になります。

この説明ではXMのメタトレーダーを例に説明します。
XMやタイタンFXなどの他のFX会社のMT4でも同じ手順です。

MT4のデーターフォルダを開く

Finderで、Macのアプリケーションフォルダを開く

XMフォルダを右クリック

パッケージの内容を表示を選びます。

貼り付けた画像_2017_04_17_15_03

インジケーターを入れる場所

ファインダーが新たに開きます。
ここで、

drive_c

Profram Files

XMTradeing MT4

MQL4

Indecators ←この中にいれる

貼り付けた画像_2017_04_17_15_05

テンプレートファイルの入れる場所

drive_c

Profram Files

XMTradeing MT4

templates ←この中にいれる

貼り付けた画像_2017_04_17_15_11

インストールが終わったら再起動してください。

EAを入れる場所

drive_c

Profram Files

XMTradeing MT4

MQL4

Experts ← EAをこの中にいれる

関連記事

MACで使えるMT4の文字化けの対処法について記載します。 [speech_bubble type="ln" subtype="L1" icon="icon_yosi.png" name="よっし"]FX学校の生徒にも、MACユーザー[…]

あなたもイベントに参加してみませんか?

トレードの役に立つ、学びになるイベントを毎週行っています

生徒のFXレベルアップのため、FX学校では様々なイベントを毎週行っています。
そのイベントにあなたも参加して、FX学校を体験してみませんか?

FX学校で行っているイベント概要

  1. FXセミナー
  2. 生徒向けリアルFX勉強会
  3. 生徒向けオンライン勉強会
  4. FX講義
  5. 飲み会

詳細は以下のリンクからご確認ください。
FX初心者、FX未経験者もFXを楽しんで体験してただけます。

イベントの詳細を見る