初心者から正しいFXトレードができるようになるための最高の仕組みと環境

動画では、FX学校では、なぜ初心者の人でも正しいトレードができるようになっていくのか、その仕組についてお話をしています。

FX学校の仕組みと環境

FX学校には、知識を正しく学るだけではなく、その知識を使えるスキルに変えていく仕組みや環境があります。

FXの知識を正しく学べる!
学んだ知識を実践のFXトレードで使える!

わかりやすいやり方なので初心者でもすぐにFXトレードができます。

実践形式でFXトレードをしてもらいます。

レッスンで学んだやり方のみでFXトレードをしてもらいます。

まずは、一つのチャートを使ってFXをしてもらい、そこから複数のインジケーターや複数の時間足を表示して FXをしてもらいます。

アドバイスを貰えるので正しいトレードに修正できる

トレード報告をすると、それについてアドバイスがもらえます。

初心者や勝てていない経験者は、 正しいFXトレードの経験が足りていません! 経験を積んでもらいます。

レッスンの進行に合わせてチャートに表示するインジケーターを増やして それに合わせて トレードをしてもらいますが、レッスンで知るのと 実際に使っていくのは違います。

生徒本人は レッスンの通りにしているつもりでいますが、ほとんどの人が 正しいトレードはできません。

例えば、

「この場面は、ルール条件を満たせていないね」 「表示しているインジケータ―の数値を確認してみて!たぶん間違えてると思うよ」 「この大きさのローソク足のサイズ表示に慣れていこうね」

というようなアドバイスをもらいながら、初心者の人でも勝っているFXトレーダーと同じようなトレードができるようにしていきます。

こういうのが一人でやっていると気づくことができないで終わってしまうのです

先輩と後輩が、仲が良いのでアドバイスのやり取りもあります。先輩からの後輩へのアドバイスを見ていると先輩の理解度がわかることも多いので、先輩のとらえ違いを講師が指摘してあげられるので結果的に、先輩も後輩もレベルアップしていきます。

なるほど、、
そういうことか!

FXトレードの精度をあげる

相場がどこまで上がるのか? 
相場がどこまで下がるのか?

 

というのは、一つのチャートだけではわかりにくいので、 複数のチャートを見て精度を上げていきます。 また、値動きを予測できる基礎力がついたらシナリオや戦略をたててFXをしていきます。

このようなことは、レッスンでも学びますが、アドバイスを受けたり、勝っている人と話をすることでわかる範囲が増えていきます。

ただ、これだけのレッスンや仕組み、環境があっても 複数のチャートの情報を読みながらトレードできるようになるに、時間がかかるものだと思っていてください。

このスキルは一度身につければずっと稼げます。

知ることさえできなかったノウハウは、できるようになりたいと思っていても、独りでやっていると10年やっても20年やっても、できるようにはなれない というレベルの話なので、時間がかかっても習得する価値があります。

他の人のトレードが見れるのって素晴らしい!

全生徒が同じレッスン、やり方でトレードしているので話が合います。

同期のトレード、先輩のトレードも見ることができるので、参考になります。

独りでやって上手くいかないと「このやり方(トレードルール)が駄目なんじゃないか?」と考えてしまいますが、他の生徒のトレードを見ることで このやり方で勝てることもわかり、自分の使い方が間違えていることに気づけます。

勝っている先輩の話を直接聞けるのがいいね!

同じものを学んで勝てるようになった先輩たちがいるので、「これを学び、できるようになりさえすれば良い」と思えます。

先輩が後輩にアドバイスをする、これはFX学校では当たり前の光景です。 師匠と弟子の関係であるFX学校だからこその環境です。

一般的に、ほとんどの人たちが、
何を学べばいいのか? 何がわかっていないのか? 自分に何が必要なのか? 何処で学べるのか? わからずいますが、

FX学校では 「これをこなしていけばいい」 と 迷わずに学べるので、 恵まれた環境です。

どんなに価値のあるレッスンや 習得しやすいカリキュラムがあっても、続けなければ意味がありません。「自分にもできる!」そう思えることが成功の秘訣なのです!

次は、そのように思いやすい楽しく学べる環境について話します。