FX投資スタイルとデイトレーダーの一日

一般的に投資スタイルというと、トレードスタイルのことを言いますが、
この記事では”投資スタイル”と”トレードスタイル”を分けて話しをさせてもらいます。
 
   
トレードスタイルとは、トレードの種類です。
これついては後で話します。

投資スタイルとは?

この記事での投資スタイルとは、
自分の生活の中でのFX時間の確保やFXとのつきあい方といった感じの話しになります。

自分の生活の中でどのような種類のトレードを行い(=トレードスタイル)、
FX投資に関係する時間をにどのように確保するのか、生活に溶け込ますのか?という
FXと生活、生活内でのFXの決めごとになります。

なぜ、投資スタイルについての話しをするのかというと、
私はずっと一人でやっていたので、こんなことさえ悩んでいた時期があったからです。

当時の私のような勘違いをしている人の参考になればと思います。

   
この投資スタイルは、人それぞれ、状況や生活スタイル(職業、性格、投資にまわせるお金、FXで稼ぎたい金額など)が違うので、人により違うものになります。

そして、FXの実力レベルによっても変わっていくものなので、
自分のオリジナルで良いし、変わっていくものだと考えていてください。

投資スタイルに対しての私の勘違い

~私の勘違い~

私は、勝っている人たちに共通する、やるべきこと&やってはいけないことなどの
こうしなければいけないというような決まり事があるのではないかな?と勝手に考えていました。

仕事や学校のような時間割やスケジュールのような、
始業時間があり、そこから作業手順があり、何時まで仕事をする。
そして、その時間内は仕事に集中しなければいけない、
と、いうような通常の仕事のような決まりごとがあると思っていたんです。

(投資スタイルは、トレード手法・やり方/トレードの種類 とは違う話しです。)

   
相談相手もいませんから、
以下のような仮説をたててトレードをしていました。

■トレードする時間を決めないといけない
■トレードする時は、パソコンの前に座り、集中してチャートを見ないといけない
■その時間内にかならずトレードをしないといけない
■終わった後は日誌をつけないといけない
■トレードの勉強をしないといけない
・・・など、色々な”こうしないといけない”、
”勝っている人はこうしているだろう”という決めごとを作っていました。

上に書いた項目が、全て間違えている訳ではありません。

間違えているのは、”必ずトレードしないといけない”という項目ぐらいで、
”トレードする時間を決める”とか、
その下の”集中してチャートを見ないといけない”
などはその人の投資スタイルによります。

勝っている人が全員、同じスタイルではないのです。

私は勝っている人は同じだと勝手に決めつけていた・・・
そうしないといけないと・・・

この結果、窮屈にトレードをしていましたし、
決まりごとが多いため、色々なモノが中途半端になっていました。

何度やっても投げ出したのは”トレード日誌”です。

毎回、最初だけじっくり書くのですが、
不要なことまで書くので時間がかかるし、
トレード日誌の使い方もわからないので、面倒になり投げ出してしまうのです。

トレード日誌は初心者ほど大切なんですが、
日誌のせいで窮屈に感じるとか、
日誌をつけないことで罪悪感を感じるぐらいなら、日誌なんてつけないでいいんです。

   

投資スタイルは自由でいい

このような決めごとは
結論から言うと もっと自由で良かったんです。

FX学校の生徒でも家事をしながらやっている人もいますし、
専業でやっている人でも、TVを見たり、マンガを読んで待つこともありますし、
スマホでやることも、チャートは見るが何日もやらないことも、
注文だけ入れて放置することもありますから
勝っている人でも色々な投資スタイルがあるんです。

ですから、昔の私のように”こうしないといけない”
と勝手に決めつけないようにしましょう。

   

私がオススメするFXとのつきあい方での決めごと

そうはいっても、以下の決めごとだけは押さえておいた方が良いと思います。

『私がオススメするFXとのつきあい方での決めごと』

何よりも大事なことは、自分の日常の中にFXを溶け込ますことです。
一日の内に何度かチャートを見る時間を確保しましょう。

例えば、
通勤の電車、昼休み、夕方の15分休憩、帰りの電車、寝る前の計5回、
ドル円の為替チャートをチェックする という感じでいいので、
通勤時のスマホのニュースやゲームと同じように・・・
一日に数回、お天気をチェックするような感覚で、
為替チャートを決まった時間にチェックするのです。

これを当たり前にするんです。
回数は最低3回は見てください。
まず、これはしてください。

「チャートをチェックするカッコいい女子、イケてる男子になりましょう!」

次に、
FXの勉強をする時間を確保する これもFXの大切な決めごとです。
また、
すぐに稼ごうとしない というのもFXの大切な決めごとですし、
稼ぐよりも資金をなくさない というのもFXの大切な決めごとです。

   

FX学習時間の優先順位

わからない間は為替チャートを見るだけでトレードはしないでいいです。

よくわからずにトレードを繰り返すだけでは実力は上がらないので、
実力を上げるためにもFXの勉強をしましょう。

時間の優先順位は以下になります。

優先順位

①為替チャートをチェックする
②FXの勉強をする
③トレードをする

時間がない場合は、①だけでいいです。
勝てない人ほど、③の時間よりも②の時間を確保してください。

トレードをしていたら実力が上がると勘違いしがちです。
間違えたトレードを繰り返していると悪い癖がつくだけで実力は上がりません。
正しいトレードを繰り返すのであれば実力は上がりますが、
そのためにも正しいトレードが何か?を勉強しましょう。

実力を上げることを優先して稼げるようになる時期を早めた方がいいと思います。

これから長期にわたりFX投資をしていくわけですから、
負担がないほうがいいので
生活の中に溶け込んでいる投資スタイルであることが大切だと私は思います。

      

トレードの種類(トレードスタイル)

自分にあったFX投資スタイルを決めるにあたっては、
トレードの種類(トレードスタイル)も関係するので、
トレードの種類にはどんなものがあるのかをお話しします。

トレードの種類の分け方には色々ありますが、ここではポジション保有期間でわけたトレードを紹介します。

ポジションを保有する時間には、超短期から長期まであり、
スキャルピング、デイトレード、スイングトレードと呼ばれるトレードの種類があります。

   

ポジションを持ってから決済をするまでの期間が、

超短期のスキャルピング

エントリーから決済までを一日の中で完結するデイトレード

数日から数週間以上、ポジションを持ち続けるスイングトレード

時間が短いほど、狙う値幅は小さく、時間が長いほど狙う値幅は大きくなります。
スキャルピングは、皮むきのように数pipsという小さな値幅を狙います。

ただ、これは名称にしかすぎません。
目安です。
ですから、FXの取引画面に、デイトレボタンとか、スキャルピングボタン などがあるわけではありませんし、
それぞれこうしなければいけない という決まったやり方がある訳でもありません。

デイトレードで勝っている人たちに話しを聞いても、そのやり方は様々ですし、
スキャルピングをしている人たちでもトレードのやり方はバラバラです。
   

トレードスタイルは、トレード時間から当てはりそうなトレードの種類を言っているだけです。

会話での使い方は以下のような感じです。

例)
「最近は、どんなトレードをしている?」

「私はスキャルピングが中心です」
「僕は基本デイトレードですが、2~3日保有することもあります」
「私は、デイトレードに近いスイングトレードですかね・・・
もしくは、長くても5日なので短期のスイングと言った方がよいかもしれません」
「私は必ず寝る前には決済するのでデイトレードです」

このような感じで、この用語は使うていどです。

勝てている人たちには、その人それぞれの投資スタイル&トレードスタイルで稼いでいます。
(FXに対しての考え、決めごと、向き合い方、相場状況にあわせたルールがあります。)

初心者の人からすると、自由すぎてどうしたら良いのかわからないかもしれません。

私が初心者や勝てない方にオススメしているトレードスタイル

私が初心者や勝てない方にオススメしているトレードスタイルはスキャルピングです。

FX学校の生徒にも、1カ月目からスキャルピングを教えているほど、
このスキャルピングというスタイルは初心者にあっていると思います。

(ただ、値動きがゆっくりしたスイングもわかりやすい とも考えているので、
FX学校では入学早々にスイングも教えています。
ですから、1カ月目から2つのやり方を学び、アドバイスを受けながら実践していきます。
ちょっと、FX学校の宣伝をしてしまいましたが、話し戻します。)

私がこのトレードスタイルをおすすめする理由

スキャルピングは初心者には難しい 
このように思われている方もいるかもしれませんが、スキャルピングにも種類があります。
私がオススメしているのは難しいスキャルピングではありません。

値動きが早く、瞬発力が必要な 難しいスキャルピングもあります。
でも、私がオススメしているのは”デイトレードに近いスキャルピング”ですから、初心者の人でも、やりやすく、楽しいのでは ないかなぁ と思います。

(初心者にトレードを教えるために色々と考えましたから、デイトレードに近いスキャルピングはとっかかりやすいと思います)

エントリーから決済までのポジション期間は、数分から数時間ですから、
トレードスタイル・種類はスキャルピングになりますが、
初心者でも十分、のんびりトレードできるトレードスタイルになります。
のんびりできる というのは私の感覚ですが、
実際、FX学校の生徒もできているので、
初心者にはこういうトレードスタイルがいいと思います。

デイトレードに近いスキャルピングが良いという理由は、
のんびりできそうだから というだけではありません。

一番の理由は、経験値を上げられる!からです。
初心者は、FXトレードの経験値が全然足りていません。

正しいトレードの経験を積むのには一番いいと思います。

*経験が少ない状態で、勝ち続けていくことは難しいと思います。
スキャルピングで”正しく勝つ””正しく負ける”という経験を積みましょう。

あと、
スキャルピングはチャンスが多いので初心者でもエントリーがしやすい。
エントリーから決済までの時間が短いので、わかりやすい・楽しい。
損切りするときの値幅も小さいため、怖さが小さい分ルール通りにトレードをしやすい。

このような理由から初心者にはスキャルピングが良いと考えています。

スキャルピングのやり方が、勝率の高いものであれば最高です。
あとは、資金管理をすれば口座資金が無くなることもないので楽しく経験値を上げることができます。
(FX学校で教えているスキャルピングは自慢できるほど高勝率ですし、独自の資金管理もあります。)

釣りで例えると、アジ釣りです。

ちょっと危ない磯釣りでも、真っ暗な早朝から出発するような船釣りでも、
カジキねらいのトローリングでもありません。
安全に簡単に釣りやすいアジ釣り という感じです。

スイングトレードも流れがゆっくりなので、わかりやすい という良さがありますが、
ゆっくりな分、一年を通してもそれほど経験は積めないので、スキャルピングが良いと思います。

(”わかりやすい”がわからない、どう進めたら良いかわからない、
 トレードのやり方がない、みんなと一緒に学びたいという人は、
 FX学校で学ぶのが早いと思います。)

スキャルピングでなければいけないわけではないので、
トレードスタイル(=トレードの種類)は色々と経験をしてください。

このページ上の方の『私がオススメするFXとのつきあい方での決めごと』で書かせてもらっていますが、”すぐに稼ごうとしない”ことですよ。

正しいトレードの経験値が低いなら、経験値を上げましょう。

FX初心者、未経験者の方は、
自分の生活の中で、為替チャートをチェックする時間を習慣化するところからです!

   

このサイトの記事を書き換えようとしていますが、更新は不定期です。

記事を更新したらメルマガでお知らせするので、
よかったらこちらのページからメルマガ登録してください。

登録するとFXレポートもプレゼントしています。
このレポートは、私が常に立ち返る起点になっている知識です。
読んでおくことをオススメします。

   
   

FX学校のジンテツ先生
なるほど! 師匠もこんな風に考えてたんですね!私も勉強になりました(^^)

この記事は、初心者から勝てるトレーダーを育てているFX学校の創設者である私の師匠が描き下ろしてくださっています!

これからFXをはじめたい初心者の方・なかなか勝ちきれない経験者の方にはぜひとも読んで欲しい記事です。

はじめての方は、ぜひ 「ごあいさつーFX初心者の基礎知識」 から順番にお読みください。


   
   

  

   

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ