損益通算と繰越控除

損益通算と繰り越し控除

FX学校の先生
タイトルを見ると難しそうに感じるかもしれませんね(汗)簡単に言うと、FX投資で無駄な税金を払わないでいい方法をご紹介しています。
FX初心者のきょうこちゃん
それ知りたいです!できる限り払う税金は少ないほうがいいですもん!

 

損益通算

損益通算とは、各種所得にて発生した損失をその他の所得と合算して控除できることをいいます。

どういう事かというと、FX投資は、取引所に上場されている、「金」や「原油」などの商品先物取引や「日経225先物」のような株価指数先物取引などで発生した損益を通算することが可能です。

 
もちろん、複数のFX会社に口座を開いている場合、それら複数の口座の損益も通算できます。

ただし、株式や投資信託によって生じた損益と通算することはできません。

 
例えば、FX投資で年間100万円の利益があり日経225先物で年間50万円の損失がある場合、この二つを損益通算した(100万円-50万円)50万円が課税対象金額になるという事です。
 

繰越控除

繰越控除とは、その年に控除し切れなかった損失を翌年以降に持ち越すことができるというものです。

FX投資における年間(1月1日~12月31日)の損益がマイナス(損失)となった際に、その翌年以降3年間に渡りこの損失額を控除することができます。

損失の繰越控除の適用を受けるためには、損益のマイナス(損失)が生じた年に、確定申告をしておく必要があります。

 
例えば、損益通算した損益がマイナス200万円とした場合、確定申告することで翌年以降3年間にわたり200万円の損失を繰越せます。
 
翌年、FX投資で年間50万円の利益があっても繰越控除することで(200万ー50万=マイナス150万)となり税金を払う必要がなくなります。
また、この150万円を翌年に持ち越せます。

 
2年目も同様にFX投資で100万円の利益があっても前年の繰越控除で(150万ー100万=マイナス50万)となり税金は払わなくてよくなり翌年に50万の損失を繰越すことができます。

 
3年目のFX投資の損益が20万円だとした場合、前年の繰越控除の(50万ー20万=マイナス30万)となり課税対象金額は0なのでこの年も税金を払わなくてもいいという事です。
 
ただし、繰り越せるのは3年間なので3年目のマイナス30万円は翌年には繰越せません。

 

FX学校の先生
知っている、知らないで、税金の額が大きく変わってきます。慌てて覚える必要はありませんが頭に入れておきましょう!払う税金はなるべく少ないほうがいいですもんね

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ