売りからでも取引ができる

FX初心者のきょうこちゃん
FX先生、FXは売りからでも取引できるできるって聞いたんですけど、どういう意味なのかわからないんです
FX学校の先生
売りからでも取引できると聞いてもよくわからないよね。じゃあ「売りからでも取引できる」について見ていこう!

 

FXは売りからでも取引ができる

一般的なイメージとしては通貨を買って、為替レートが上がったところで売って利益を出す。これが一般的なFX投資の取りきのイメージだと思いますが、FX投資ではでは、「売りから入って、あとから買い戻す」ことでも利益を出すことができます。

 
FX(外国為替証拠金取引)は「証拠金」が取引の担保となっているので、売るところからスタートすることが出来るのです。

 
つまり、FX(外国為替証拠金取引)会社としては「損を出したときの担保はあるので、売りからでも買いでもどちらから取引しても良いですよ」ということなのです。

 
例えば、「1ドル=100円」の時に1万通貨(100万円分)を買い、「1ドル=110円」になったところでそれを売って、10万円の利益を得ます。これが「買ってから売る」取引です。

 
逆に、「1ドル=100円」の時に、実際には持っていない1万通貨(100万円分)を売り、「1ドル=90円」になったところで、その1万通貨を買い戻すことで、10万円の利益を得る。これが「売りから入って、あとで買い戻す」取引です。「売りから入る」「空売り」ともいいます。

 
実際に持っていない通貨を売るという事が、解りずらいかもしれませんがFX会社に通貨を借りると考えると解りやすいでしょう。

 
株式投資にも「空売り」の仕組みはありますが株の場合は借りた株に金利を払う必要がありますが、FXの場合は金利などかからず、買いから入る取引と同じ条件で取引できます。

 

売りからでも取引ができる利点

FX(為替)相場は「上がったり」「下がったり」しながら常に変動しています。

 
外野預金や外貨MMFは買いからでしか取引ができませんので、FX相場が下げているときには利益を上げられませんが、FX投資の場合はFX相場が下げている場面では「売りからでも取引できる」ので価格が下落しているときでも利益をあげることが可能になります。

 
この様にFX投資では、FX(為替)相場が上昇していようが下落していようが、どんな局面でも利益を上げられるチャンスが多い投資です。

 

FX学校の先生
FX投資では、「売りからでも取引ができる」ことで収益機会を逃すことなく取引をすすめることができます。

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ