IFD(イフダン)注文

FX初心者のきょうこちゃん
FXには便利な注文方法があるって言ってたけどどんなものがあるの?
FX学校の先生
そうなんだよ、FXには成行注文や指値注文のほかにも便利な注文方法があるんだ、じゃあまずは、IFD(イフダン)注文についてみていくよ

 

IFD(イフダン)注文とは?

FXにはたくさんの注文の方法があります、ここではFX初心者の方にもわかりやすくIFD(イフダン)注文について解説していきます。

 
IFD(イフダン)注文はIF Doneの略で、1度に2つの注文を出して、1つ目の注文が約定すると2つ目の注文が自動的にセットされる便利な注文方法です。

 
例えば、1ドル=102円以上で買うという逆指値注文を出し
その注文が約定したら 1ドル=101円になったら決済する
逆指値注文を同時に出せる注文です。

 
つまり、新規の注文と決済の注文を同時に出せるのがIFD(イフダン)注文です。1つ目の新規の注文が約定しない限り2つ目の注文がセットされることはありません。


逆指値注文(新規) + 逆指値注文(ストップ) ・・・損失を限定する。

 
また、IFD(イフダン)注文は「指値」 「逆指値」どちらの注文でも出せます。

逆指値注文(新規) + 指値注文(利益確定注文) ・・・利益を確保する。
損切り注文は入っていませんので、注意が必要です。

 
例えば、現在のレートが 1ドル=100円の時に1つ目の新規注文を 1ドル=101円なったら買うという逆指値注文、1ドル=99円円になったら買うという指値注文どちらでも可能で、2つ目の決済注文も利益確定の指値注文でもロスカットの逆指値注文どちらでも可能です。

 

IFD(イフダン)注文の注意点

 
便利な注文方法ではありますが、1度に出せる注文は2つです。新規注文が約定したら利食いの決済注文かロスカットの決済注文どちらかしか選べません。

 
つまり、新規注文と利食い注文の2つをセットしていて、うまく利食いできればいいですが利食いできずに思惑とは逆に相場が動いた場合は危険です!

 
FXは利益を出すことも大事ですが、損失を抑えることはもっと大事になってきますですから、FX初心者のうちはロスカットの決済注文を選択することをおススメします。

 

FX学校の先生
IFD(イフダン)注文は便利な注文方法なのでしっかりと理解しましょう!

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ