売値と買値を知る

FX初心者のきょうこちゃん
FX先生、FXには「売値」と「買値」2種類の価格があるのはどうしてなの?
FX学校の先生
きょうこちゃん、いいところに気が付いたね「売値」と「買値」なぜ2つの価格があるのか詳しく説明していくよ

 

売値と買値を知る

通貨の価格には「売値」と「買値」の2つの価格が表示されます。

また、売値を「Ask」買値を「Bid」と表示と表示されます。

FXで「取引手数料」を取られることはありませんが、この売値と買値の価格差を「スプレッド」といいFX投資家にとってはこの「スプレッド」が取引コストになり、FX会社にとっては収益源になります。

例えば、ニュースなどでは、今日の東京為替市場 

1ドル 113円60銭 ~113円62銭 で取引されています。というのはニュースなどで見たことがあると思います、

この例の場合だと 113円60銭というのが「買値(Ask)」 113円62銭というのが「売値(Bid)」でこの価格差が「スプレッド」でFX会社の収益源になります。

また、「スプレッド」は取引する通貨やFX会社によって異なりますので注意が必要です!

FX学校の先生
FX投資家にとっては実質手数料みたいなものですから、スプレッドが狭いほうが有利なFX投資ができると言えます。

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ