FXで稼ぐための心構え

まずは、FXをするFXで稼ごうとする上での心構えとして以下を覚えてください。

~FXトレードの心構え~
「FXトレードはキャピタルゲインで稼ぐ」
絶対にインカムゲインで稼ごうとしない。

初心者の方は、
キャピタルゲイン、インカムゲインって何?と思っているかもしれませんが、
FXトレードで稼ぐ心構えとしては、「キャピタルゲインで稼ぐ」ものなんだなと覚えてください。

キャピタルゲイン、インカムゲインというのは”投資用語”です。

<投資用語としての説明>

投資は、キャピタルゲインとインカムゲインという
2種類の利益の稼ぎ方があります。

キャピタルゲインは保有している資産を売却した時の売買差益で、
インカムゲインは保有することで入ってくる利益のことです。

投資ですから、FXだけではなく、株や債券、不動産も含んだ利益の出し方になります。

もう少し具体的に説明すると・・・
キャピタルゲインは、持っている株とか債権を売ったことで出る差益のことです。

株の場合なら、株を安く買い、高く売ることで利益を出すのがキャピタルゲインですし、
不動産の場合なら、物件を安く購入して、高く売ったときの差益がキャピタルゲインですし、
FXであれば、通貨を安く買い、高く売ることで利益を出すのがキャピタルゲインです。

これに対し、
インカムゲインは 金利や配当のような 持っていることで入ってくる利益のことです。

株の場合なら、株を保有して配当を狙うのがインカムゲインですし、
不動産の場合なら、物件を貸して家賃収入を得るのがインカムゲインですし、
FXの場合なら、スワップポイントと言われる金利を得るのがインカムゲインになります。

投資対象が同じモノであっても
「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の利益の出し方があるんです。

では、FXトレードで稼ぐ心構えの話しに戻ります。
   

FXトレードで稼ぎたいならこの心構えを忘れていはいけない

「FXトレードの心構え」としては、FXトレードはキャピタルゲインで稼ぐものなんですが・・・

インカムゲインのスワップポイントについても説明しておきます。

スワップポイントとは、ちょっと専門的な言い方をすると、金利差のことです。

低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、
その金利差にあたるスワップポイントを受けることができます。
(その逆に高金利通貨を売り、低金利通貨を買うと
その金利差分を支払うことになります。)
そして、このスワップポイントという金利は一日ごとに発生します。

小難しい文章ですが・・・
”金利”がもらえたり、払わないといけないのか、という程度での認識でいいです。
(また、どこかのタイミングで説明すると思うのでスワップはなんとなくでいいです)

この金利を狙って稼ごうとするトレードはしないようしてください。(これも心構えです)
FXトレードはキャピタルゲイン狙いが基本です!

ようは、トレード益を狙うものです!

安く買って、高く売る ことで 稼ぐ!
FXは売りからできるので、
高く売ってから 安く買い戻して 稼ぐ!
これが基本の心構えのひとつ目です。

そして、次も大切な心構えです。
   

買ったものは必ず売る。
売ったものは必ず買い戻す。

ポジションを持ったら必ずエクジット(決済)をする!
ポジションを持ち続けない!ということです。

買いエントリーしたあとは、この買いポジションは必ず売り決済をしてください。
売りエントリーしたあとは、この売りポジションは必ず買い戻しの決済をしてください。

エントリーしたら決済する ということ。
ポジションをもっていない(ノ―ポジ)状態になってください、 ということです。

FXをしていない初心者は、この話しを聞いても何も感じないと思います。
「たいした話しに聞こえない」と思います。
でも、これはすごく大事なことなんです。

あまりに基本的すぎる話しですが、必ず決済をしてください。
”ポジションを持ちっぱなしにしない”でください。

軽く流すと、すごくモッタイナイ時間を過ごすことになるので頭に入れといてください。

自分はトレード益で稼ぐ 売買差益で稼ぐ、キャピタルゲインで稼ぐ、という心構えが大事です。
売買ですから、損することがあっても決済を必ずする ということです。

この心構えができていないと、ポジションを持ち続けてしまうのです!
含み損を抱えると”損”を確定したくない気持ちが働きポジションを持ち続けてしまうんです。
ですから、この心構えが大切です。
この心構えができていないと決済できないんです。
損切りができないのです。

まだFXをやっていない初心者の人は「そんなに難しいことなの?」と思うでしょ。
でも、正しく学ばずにスタートする人が多いから、こういう人がすごく多いんです。

心構えができていて、損切りすることに慣れてしまえば簡単ですが、
心構えができてない状態でスタートをしてしまうと難しいんです。

FXトレードは、反対に動いたら”損切りする”のが正解です。
損切りは「なんだ、思うように動かなかったな」で決済をするだけです。
行動的には、カチカチッと 決済ボタンをクリックするだけ なので誰でもできます。

でも、心構えができていないとコレができない!

心構えは、FXトレードは売買益(キャピタルゲイン)で稼ぐ ですから、
我々がすることはエントリーと決済の2つです。

エントリーは、『上がると考えるなら買い/下がると思うなら売る』このどちらかです。

その後は、決済です。
■思惑どおりに動いたら 利益を確定する(利確)。
■思惑と反対の方向に動いたら 損切りをする。
この2つの内のどちらかです。

これだけです。

すぐにできないのは普通です!
実際にやりながら習得していくものです。
知識として、覚えておいてください。

 

では、
この心構えができていないとどうなってしまうか話します!
   

FXの心構えができないと失敗の連続に・・・

【反対方向に動いてしまい含み損がでた場合

『エントリーポイントまでもう一度戻ってきて!』と祈りはじめる

損を確定したくないのでポジションを持ち続けます。

そして、含み損が膨らむほど 損切りができなくなります。
(金額が大きくなるほど、損切りしないではなく、できない です)

その結果、スワップ金利がもらえるからと、長期保有に切り替える。

このようにポジションを塩漬けして、なにもできなくなってしまうのです。
(何年間も塩漬けになることもあります。)

この逆もあります。

【思惑どおりに動いて含み益がでた場合

(買いポジで説明)
思惑どおりに上昇するほど含み益がどんどん増え、スワップももらえる。
この時は気分いいです。でも、上昇から下降場面に反転してから困るのです。
「あの最高値の時に決済しておけばアレだの利益があった!再度、上がってこい!」と祈る。この時の考えは、スワップも入るし、また上がるかもしれないからもう少し待っていよう。

しかし、日に日に含み益が小さくなっていき・・・トレード益はなくなる。
スワップ金利は残るがトレード益に比べると本当に少ない金額・・・
トレード益がプラスの内に決済できればまだ良い方です。

心構えができていないと この2つのどちらかになります。

相場が思うように動かなくなると、金利で稼げるのではないか?と考えるものです。

でも、トレードの損益の方が、金利よりも断然大きいので、
金利がプラスであろうと、マイナスであろうと 気にせずに
正しくトレードをすることを重視しましょう。

損切りするのが嫌だな・・・とか、
もう少し伸びるのではないか?と利確を惜しんで、決済を先送りにしないことです。
そして、決済の先送りの言い訳に”スワップ金利”を持ちださないことです。

あなたはトレードで稼ぐのです!
ならば、
思惑どおりに動いたら利確する(決済する)
思惑と反対に動いたら損切りする(決済する)
これを当たり前にしてください。

損切りができない というのは 致命的ですから、損切りは躊躇せずしてください。

最初はみんなできません。
一回、二回できる程度じゃありませんよ。
損切りするべきところで毎回ですからね。

5回連続で損切りできたら、「やるねー!センスあるねー!」という感じです。
それができたら、損切りするべきところで、もう、あと5回やってみてください。

初心者の方は「損切りは躊躇せずに出来ないといけないのか~」と思っていてください。

今回の記事はココまでです。
初心者の方は、FXで稼ぐためにはこのFXの心構えというのが、
けっこう大事なものなんだな とわかってもらうだけでもいいですよ。

「心構え、なんだっけ?」と思い出したら、読みかえしてください。

初心者の人で 
「一人ではちょっと自信がないなぁ~」
「教えてもらいたいなぁ~」 
という人は、FX学校でみんなと一緒に学びましょう!
   

このサイトの記事を書き換えようとしていますが、更新は不定期です。

記事を更新したらメルマガでお知らせするので、
よかったらこちらのページからメルマガ登録してください。

登録するとFXレポートもプレゼントしています。
このレポートは、私が常に立ち返る起点になっている知識です。
読んでおくことをオススメします。

   
   

FX学校のジンテツ先生
この記事は、初心者から勝てるトレーダーを育てているFX学校の創設者である私の師匠が描き下ろしてくださっています!
これからFXをはじめたい初心者の方にはぜひとも読んで欲しい記事です。

はじめての方は、ぜひ 「ごあいさつーFX初心者の基礎知識」 から順番にお読みください。


   

   

  

   

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ