少額でも大きな取引ができる事を知る

FX初心者のきょうこちゃん
FX先生、FXは小額でも大きな取引ができるって聞いたんだけど、よく意味がわからなくって
FX学校の先生
きょうこちゃん、泣かなくても大丈夫だよ。FXは小額でも大きな取引ができるという事を説明していくからよく聞いてね。

 

FXは少額でも大きな取引ができる

FX投資をはじめるには、FX会社に口座を開設してお金を入金するのですが、この入金するお金のことをFX投資では「証拠金」といいます。

 
もともと証拠金は、金融先物取引の用語で、FX投資は入金したお金そのもので取引するのではなくそれを担保にして資金の何倍もの取引を行う事ができるのです。この仕組みを「レバレッジ」といいます。

 
例えば、外貨預金では100万円の外貨預金をしようと思えば、100万円の資金が必要になります。

 
FX投資の場合は、100万円の取引をするとしても100万円必要ありません、国内のFX会社であれば最大25倍までレバレッジがかけられるので、例えば10万円をFX会社に証拠金として入金しておけば100万円の取り引きが可能です。

 
この場合証拠金10万円で100万円の取引をすることになるので「レバレッジ10倍」という事になります。

 
このようにFX会社に入金した何倍もの取引ができるのがFXの特徴です。

「レバレッジ」とはてこの原理のてこという意味で、小さな力でも大きなものを動かせるのと同じように、FX投資でもレバレッジをかけることで小さな資金でも大きな取引が可能になります。

 

FX学校の先生
投資をはじめてみたいけど、大きな資金を用意できないという方でも、FXはじめやすい投資といえます

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ