FXの魅力

いまFXが人気を集めているのには、理由があります。FXの人気の理由、その魅力を紹介しましょう。

他の金融商品とくらべて手数料が激安である

外貨を取引する際に、取引会社に支払う手数料を取引手数料といいます。
 
FXは、外貨預金などと比べても手数料が非常に安いのが特徴です。
一般的な銀行の外貨預金の手数料は片道50銭〜1円くらいかかります。

それに比べてFXの場合は、手数料が無料というところが多いです。

実質的な手数料といわれるスプレッドを含めても、
1ドルあたりの手数料は1銭~10銭程度と、他の外貨投資に比べて激安です。
 

FX投資なら少額からはじめられる

FXでは少額の資金でも、レバレッジをかけて大きな取引をすることができます。

FX会社によっては1000円程度からでも取引が可能です。
 
普通の人でも5万円、10万円くらいから始める人が多いです。

少額でも、自己資本金(証拠金)を担保として預けることで、その数倍~数百倍の金額の取引を行うことができます。これをレバレッジをかけるといい、取引会社によって上限が決まっています。

これを使えば、たとえば10万円の証拠金でも、10倍のレバレッジをかけて100万円として取引ができます。その場合、為替差益やスワップポイントで得られる利益も10倍になります。

株の信用取引などでもレバレッジはかけられますが、上限が3倍など、FXに比べて低く、
高いレバレッジがかけられるのはFXならではの魅力といえます。
 
 

24時間取引可能

日本円と外国の通貨、または異なる2国間の通貨を取引することを外国為替といいますが、外国為替は外国為替市場、その中でもインターバンク市場というネットワークで行われます。
  
市場といっても、具体的な取引所があるわけではなく、世界各国の銀行や証券会社などの金融機関が、インターネットを利用して取引を行っています。
 
外国為替市場は、24時間絶えずどこかで市場が開かれていて、為替取引が行われています。

月曜の朝、ウェリントン市場(ニュージーランド)から取引が開始され、東京市場がオープンして
香港、シンガポールなどアジア市場からロンドン市場、ニューヨーク市場

世界中の為替市場は、世界50ケ所以上あります。
 
そのため、24時間昼夜を問わず世界のどこかで取引が行われていて、基本的に多くの取引会社が休みとなる土日や祝日を除いて毎日、24時間取引することができます。
 
 

スワップポイントが毎日手に入る

またFXでは、通貨間の金利差によって利益を得ることもできます。これをスワップポイントといい、発生したスワップポイントは毎日受け取ることができます。

通貨にはそれぞれ金利があり、日本は年0.5%です。日本の金利は世界的に見ると、断トツの低金利です。米ドルは2.0%、ユーロは4.0%、豪ドルは7.25%、南アフリカランドはなんと11.5%という高金利です。

この日本円と外国通貨との金利差をスワップポイントといい、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。

たとえば米ドルと日本円との金利差は1.5%です。1ドル100円の為替相場で、1万ドル(100万円)を保有すると、1年あたり15000円、つまり1日あたり約41円のスワップポイントを毎日受け取ることができるわけです。(実際のスワップポイントは、取引会社によって異なります。)

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ