円安・円高を知る

FX初心者のきょうこちゃん
FX先生、円安とか円高ってよくニュースで言ってるけど実はよく意味がわかってないんです、なかなか人に聞く機会もないから教えて欲しいんです。
FX学校の先生
そうだね、よく聞くけど意味が分からないことってあるよね、良しじゃあ円安と円高について説明していくよ!

 

円安・円高ってどういうこと?

円安とか円高ってよくニュースとかで耳にする言葉です。

1ドル110円とか120円という風に伝えられますが、この1ドルいくらという
数字が大きくなっているのに「円安」といわれたり、
反対に数字が小さくなっているのに「円高」と伝えられるので疑問に思っている人も多いと思います。


FXというのは異なる2国間の通貨交換してその為替差益を狙うものですが、為替レートというのは常に変動しているんです。

例えば、1ドル=100円の時もあれば、1ドル=110円の時もあります。
一般的に円安や円高というのは米ドルに対して日本円が安くなっているか?高くなっているか?をあらわしています。

例えば、為替レートが1ドル=100円のときは100円を売って1ドルを買えますが、その後、為替レートが変動して1ドル=110円になると1ドルを買うのに必要な円が10円増えるので米ドルに対する円の価値が下がっているので「円安」といいます。

これとは逆に為替レートが変動して、1ドル=90円になると1ドルを買うのに必要な円が10円少なくて済む、つまり米ドルに対して円の価値が上がっているので「円高」といいます。

日本の景気や経済的には円安ドル高がプラスといわれていますが、普段の生活で恩恵を感じるのは、輸入品が安く買えたり、旅行の時に多くのお金を両替できる円高ドル安の方かもしれませんね。

 

FXは円安・円高に関係なく儲けられる

FX投資は円安で価格が上がろうが、円高で価格が下がろうが儲けられます、それは、FX投資は売りからでもスタートできるので価格が下がりそうだなと思ったら価格が高いところで売って価格が下がった時に買い戻すことでその差益が利益になるのです。

例えば、1ドル=100円の時に売って、1ドル=99円の時に買い戻せば、その差の1円が利益になるという具合です。

もちろん、価格が上がりそうだなと思ったら価格が安い時に買って、価格が上がった時に売るとその差益が利益になります。

 

FX学校の先生
このようにFX投資は、どんな局面でも利益に変えるチャンスがある投資です。

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ