外貨預金とFXの違い

外貨預金とFXの違い

FX初心者のきょうこちゃん
外貨預金とFXの違いってよく分からないんだけど、どうちがうの?
FX学校の先生
そうだね、以前は外国為替取引といえば外貨預金が一般的だったからね、じゃあ外貨預金とFXの違いを説明していくよ!

外貨預金

外貨を取引する金融商品として「外貨預金」というのも広く知られていますね。外貨預金は金利の高い国の通貨で預金する投資で、利息を目的に銀行に外貨を預ける金融商品です。高金利国だと年利5%以上という国もあります。

 

FXは外貨預金よりお得

外貨預金では「為替手数料」という手数料が発生します、FX投資では「スプレッド」というFX特有のコストがかかりますが、外貨預金の場合米ドル1ドル当たり1円が一般的な手数料なのに対して、FXでは0.3銭程度から取引が可能です。

ですから、外貨預金とFXの手数料を比べると、1円=100銭なので 実に1/100以下のコストで取引ができるということです。また、外貨預金は銀行に外貨を預けて金利を受け取りますが、FX投資にも「スワップポイント」という金利を受け取ることができます。

外貨預金で金利を受け取るには満期まで最低でも半年ぐらいはかかりますが、FXは1日単位で受け取れるという利点もあります。

また、外貨預金はある程度まとまった資金が必要ですが、FXは「レバレッジ」をかけて国内のFX会社だと25倍までの取引ができるので、小資金でスタートでき、レバレッジはスワップポイントにもかかるので外貨預金と比べると資金効率がいいと言えます。

ただし、FX投資はレバレッジをかけた分だけ 思惑通りにいかなかった場合は損失も大きくなることはお忘れなく!

一方で外貨預金はレバレッジがかけられないのでFX相場が逆に動いた場合でも、資金がなくなってしまうというリスクはほとんどありません。

FXでもレバレッジをかけずに取引すれば外貨預金と変わらないリスクで取引することも可能です!

まとめ


外貨預金の場合

・利益を得るまで時間がかかる 半年~1年
・まとまった資金(多額の元手)が必要
・手数料が割高
・信託保全されていない
・損切り注文ができない
・取引に時間がかかる(タイムラグがある)

FXの場合

・短期間で利益を得られる(1日、数分、数秒)
・小資金でもはじめられる(レバレッジが使える)
・外貨預金に比べると手数料が圧倒的に安い

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ