FX投資の格言 売買編

FX投資の格言 売買編

FX学校の先生
FXに限らず、相場には昔からあるありがたい教え相場の格言というものがあります。FX投資で悩んだり迷ったりしたときの参考にしてください。
初心者のきょうこちゃん
へぇー相場の格言っていうのがあるんですね。しっかり覚えて参考にしまーす

FX学校の先生
ここでは、FX投資の格言 売買編として、売買に関する格言を見ていきましょう。

 

もうはまだなり まだはもうなり

代表的な格言の1つです。
 
この格言の意味、教えは、もうそろそろ上がるだろうと思うなら、まだ下がるかもしれないとも考えなさい、逆にまだまだ下がると思うなら、もうそろそろ上がるかもしれないという事も考えなさい。ということです。
 
つまり、自分の思い込みだけでトレードするのは危険ですよと教えてくれている格言ですね。
 

頭と尻尾はくれてやれ

これも有名な格言です。
 
この格言の意味はどんなに優れたトレーダーであっても、相場の底値や高値を予測するのは至難の業です。
 
相場が大きく動いた後を見ると、底値で買って、高値で売りたいと思うものですが、そんなことは不可能なので欲張らずに頭と尻尾は捨てて間の部分を狙う方が上手くいくという教えです。
 

押し目待ちに押し目なし

この格言の意味は、勢いよく上げている相場などでもう少し下げてきたら買おうと思っていても、そんなときに限って相場は下げてこず結局高値で買う羽目になったり、買えなかったという事が起こりチャンスを逃すことがあります。
 
凝り固まった考えでFXトレードするのではなく時にFX相場に応じた、柔軟な考え、決断が大切です。
 

卵は一つのかごに盛るな

この格言の意味は、卵を1つのかごに入れてそのかごを落としてしまうと卵はすべて割れてしまいます。
 
そうならないためにも、大事なものは複数のかごに入れてリスクを分散しましょうという事です。
 
FX投資で言うなら、1度の取引ですべてを1つの通貨ペアで取引するのではなく複数の通貨ペアに分けて取引しましょう。
 
FX口座も1つに投資資金のすべてを入金するよりも複数のFX口座に分けてリスクを分散する方が安全です。

 

FX学校の先生
FX投資の格言 売買編でした。つぎはFX投資の格言 考え方編を紹介します。

 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ