初心者でもできる資金管理法

FX学校の先生
資金を守ることを知る」では資金管理をして資金を守ることの大切さを勉強しました。
初心者のきょうこちゃん
資金管理の大切さよくわかりました。

FX学校の先生
資金管理はとても大切だからね、ここでは初心者でもできる資金管理法という事で、具体的に資金管理について勉強していこう

 

初心者でもできる資金管理法

資金管理は細かく見ていくといろいろありますが、初心者でもできる資金管理として初心者の方が行うことは以下の3つです!

 
初心者は取引する枚数を最小単位でおこなう。
 
稼ぐためにFXをはじめたのですから、大きく稼ぎたいという気持ちは皆さんお持ちだと思います。
 
レバレッジをある程度かけて取引したい気持ちはわかるのですが、初心者がレバレッジをかけて大きな枚数で取引しても時間の問題で資金を大きく減らすことになります。
 
大きな枚数で取引するのは安定して稼げるようになってからでも遅くありません。
 
今は多くのFX会社で1000通貨単位で取引できますし、FX会社の中にはもっと少ない単位で取引できるところもあります。
 
初心者のうちはトレードで稼ぐことよりも、建てる枚数を小さくして資金を大きく減らさないようにしてFXトレードに慣れましょう。

 
損切りができるようになる
 
人間だれしも損はしたくないですし受け入れたくないものです。
 
ましてや儲けるために一生懸命考えてトレードしたのに損するなんて受け入れ難いものです。
 
しかし、FXに置いて「損切しない」「できない」ということはFX相場からの退場を意味します。
 
FX相場に100%はないので、負けることは普通にあります、どんなに優れたトレーダーでも負けるんです。そして利益を出し続けているトレーダーに「損切出来ない」「損切しない」人はいません。
 
損切は稼ぐための必要経費と考えて躊躇なくできるようになりましょう!

 
トレード日誌をつける
 
初心者に多いのが、なんとなくトレードをして「勝った」「負けた」で終わらせてしまい トレード日誌を付けていない人が多いです。
 
つまり、自分のトレードの振り返りや反省をしていないので、自分のトレードの勝率や勝った時の値幅や負けた時の値幅などを知らないままなんとなくの感覚でトレードを繰り返しています。
 
自分のトレードの傾向や問題点を知ることではじめて改善できたり、今後のトレードに活かせたりするわけです。
 
トレード日誌を付けて自分の勝率や勝った時の値幅や負けた時の値幅を記録していきましょう。

 

自分の資金管理のルールを作る

ここまで、初心者でもできる資金管理法ということで3つのことをお話ししてきました。
 
初心者は、トレードで稼ごうとするのではなく、
建てる枚数を小さくして、大きく資金を減らさないことを意識して、資金管理を行いながら大切な資金を守ってトレードの技術を習得することに集中してください。
 
自分の資金管理のルールを作るにあたっては、

自分のトレードの勝率、負ける時の平均値幅、から建てる枚数を決めるのがいいと思います。

「自分はこれぐらい連続して負けることがある」

この時に、資金がこの程度の損失ですませたい。

だから、建てる枚数はコレぐらいまでだな。

と言うふうに、慎重に考えるといいでしょう。

そのためにも、トレード日誌をつけてトレードの記録を残すことを習慣にしましょう!
 

FX学校の先生
初心者でもできる資金管理法を紹介しました。資金管理はとても大切ですので自分の資金管理のルールを作ってみましょう!

 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ