米雇用統計を知る

FX学校の先生
ファンダメンタルズ分析の基本である経済指標について勉強しましたね。ここではもう少し詳しく見ていきましょう。
初心者のきょうこちゃん
経済指標ってたくさんあるからどれを勉強すればいいのかわからなかったんです。詳しく教えてください

FX学校の先生
そうよね、大事な経済指標を1つずつ勉強していきましょう。まずは米雇用統計から勉強していこう

 

米雇用統計をとは

「米雇用統計」はたくさんの経済指標がある中で最も注目される経済指標で、基本的には毎月第一金曜日の日本時間の21:30(夏時間 冬時間は22:30)に発表される経済指標です。
 
米雇用統計と一言で言っても発表される項目は10以上あります。
 
米雇用統計の中でも、特に重要視されるのが「非農業部門就業者数」と「失業率」の2つの項目です。
 
「非農業部門就業者数」と「失業率」の結果によっては金融政策にも影響を与えるなどアメリカの経済を見る重要な指標です。
 
米雇用統計の内容を詳しく見ていけばまだまだありますが、はっきり言ってFXトレーダーがそこまで詳しく知る必要はありません^^;
 
初心者に知っておいて欲しいことは、米雇用統計ではFX相場がどよような動きをするか?という事です。
 

 
このチャートは米雇用統計が発表された時の値動きです。このチャートでは一度大きく下げた後、いきなり大きく上げてその後上昇していきました。
 
このチャートのように米雇用統計の発表前後は非常に不規則な動きをすることが多くとてもまともなトレードはできません。
 
米雇用統計の発表前後でトレードするのはまさにギャンブルです。後で結果を見るとここで大きく稼げたな~と思いがちですが、実際はスプレッドも物凄く広がり不利な形でトレードすることになるので米雇用統計の発表前後でのトレードは控えましょう。
 
このチャートを見てもらえばわかるように、米雇用統計のある日は動きがほとんどなく発表前後でいきなり大きく動きます。
 
その後、米雇用統計がきっかけとなって相場に流れが出ることが多いのでトレードをするなら相場の値動きが落ち着いてしっかりと相場の流れ、トレンドを確認してからトレードするようにしてくださいね。

 

FX学校の先生
米雇用統計はFX相場にとって月に1度のお祭りのようなものです。うっかりトレードしてしまわないように米雇用統計の発表日時はチェックしておきましょう。

 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ