ポジションを持つことについて考える

ポジションを持つことについて考える

FX学校の先生
これまでの説明で「FXの買い方の手順」については、なんとかできるようになったかなと思います。(よくわからなかった方は、こちらからもう一度復習してみてください。)

 
ここでは、はじめてFX投資で取引するときに迷ったときの判断や注意点をお話ししていきます。
 

1、FX(為替)レートが上がった時に迷う判断

例えば、「1ドル=100円」の時に1万通貨(100万円分)買ったとします。ここでレートが一気に「1ドル=110円」(110万円)まで上がったとします。

「110万-100万=+10万」あなたならどうしますか??

 
おそらく、『ポジションを売って利益確定したい』という気持ちと『もっと上がるかもしれないからポジションを持っておきたい』という気持ちが交錯すると思います。人間は欲張りなので、おそらく後者の方のように思われる方が多いのではないでしょうか?

 
FX投資では、「分割決済」という考え方があります。分割決済を取り入れることで、もう1つの選択肢が生まれます!

 
それは、『保有しているポジションの一部を売って利益確定して、残りのポジションは売らないで保有する。』ことです。こうすることにより、確実に利益を得ながら、残りのポジションで、まだ上がるかもしれない局面に挑戦できるわけです!

 
先ほどの例でいうなら、1万通貨のうちの半分の五千通貨を「1ドル=110円」の時に利益確定して5万円の利益を確保しながら、残りの五千通貨でまだ上がるかもしれない局面に挑戦できるという事です。

 

注意点

ただ注意していただきたいことは、分割決済するとしても、持っている資金をいきなり全額投資することはいけません! FX(為替)レートが思惑とは逆に動いた場合なんともなりませんし、リスク分散して投資ができないので、リスクが非常くなります。

 
FXは利益を出すことも重要ですが、それ以上に一度の取引で「資金を大きく減らさない」事の方がもっと重要です!

 

FX学校の先生
資金管理をしながら、一度の取引で「資金を大きく減らさない」ようにポジションを持つことが大切です!

 
 

 
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリメニュー

このページの先頭へ